一般社団法人 徳島県測量設計業協会 本文へジャンプ
協会の概要
会長挨拶
   阪神大震災、東日本大震災、九州熊本地震と我が国は三度に亘り大きな災害に
  見舞われ、その都度、官民一体となった懸命の努力により、見事な復興を成し遂げ
  ようとしており、被災直後から復興に至るまで人々の沈着冷静な行動は諸外国から
  も高い評価を頂いております。
   しかしながら、忘れてはならないのは、失われた人命の尊さであり、また官と連携
  して復旧・復興に当たる我々測量設計等の役割の重要性にあると思います。
   これまでの辛い経験を活かして、必ず襲来するであろう南海トラフ巨大地震に
  対して、今度こそ予防保全的に、襲来前までに必要な資金で社会資本の国土強靱
  化整備を完遂する必要があると考えます。
   また、地方において発生する災害の復旧・復興で何よりも重要なのは平時からの
  充分な人材の確保です。当協会には1千名を超える技術者がいますが、彼ら技術者
  が南海トラフ大地震を迎え撃つ重要なインフラと考えます。
   国土強靭化整備業務を遂行する中で、技術者が健全に育つ「限界業務量」の安定
  的なご発注に繋がればありがたく思っており、関係各位には、協会として業務量の
  安定的なご発注の面で、どのような、お手伝いが出来るのかを考えて参ります。
   まとめとして、徳島県は人口減、高齢化という難問にも直面しており、地域の活性
  化を図るには何にもまして若者の就業の場の確保が必要です。測量設計業は知的
  創造業として若者に魅力ある就労の機会を提供しており、会員企業の存在が街の
  賑わいづくりにお役に立てればと考えています。

                            一般社団法人 徳島県測量設計業協会
                                   会長  齋藤 恒範

○名 称 : 一般社団法人 徳島県測量設計業協会
○所在地 : 徳島市富田浜2丁目10番地
       徳島県建設センター5階
○電 話 : 088-625-3617 
○FAX   : 088-655-5672
○メール : info@tokushima-sok.jp
○代表者 : 会長 齋藤 恒範
○設 立 : 昭和53年 4月
○目 的 : この法人は、測量及びこれに関連する設計、調査業務の健全な
       発展と向上を図り、公益の増進に寄与することを目的とする。
○事業内容: この法人は目的を達成するため次の事業を行う。
       1.測量設計業の経営の改善並びに測量設計技術に関する調査
         研究及び指導
       2.測量設計業の諸制度、諸施策・諸制度に関する調査研究
       3.測量設計業に関する普及及び啓発
       4.測量設計業の技術及び経営等に関する研修・講習会等の、
         開催及び参加
       5.関係機関及び関係団体への要望・意見の交換・連絡等並び
         に提携協力して行う公益事業
       6.測量設計業に関する情報、資料の収集
       7.測量業に関する登録申請等の指導、助言並びに相談等
       8.その他この法人の目的を達成するために必要な事業