一般社団法人 徳島県測量設計業協会 本文へジャンプ
沿革
生い立ち
  戦後、 焦土と化した徳島市の復興を目的として、徳島県は戦災復興都市計画事務
 所を特設し、直営による測量班を編成して復興計画の基本測量を実施した。
   又、南海地震による地盤沈下への対策、戦時中の国土荒廃への対策等測量作業
 の大型化と拡大により、 測量の民営化の兆しが芽生える中、 昭和36年の測量法の
 改正とともに測量業者が次々と誕生した。
   昭和39年には、全国的な業界の組織化に連動して、任意団体 ・ 徳島県測量業協
 会が設立され、又、昭和49年には、新興の測量業者による任意団体・徳島県測量技
 術協会が設立された。
   その後昭和52年、(社)全国測量業団体連合会結成の動きと時代の要請に沿って
 1県1団体の協会結成の気運が高まり、任意団体2協会の合併が合意され、昭和53
 年1月、(社)徳島県測量設計業協会(会員数32社)が発足した。

歩み
昭和39年     徳島県測量業協会設立(会員数17社)
昭和49年     徳島県測量技術協会設立(会員数12社)
昭和53年 1月 徳島県測量設計業協会 設立総会(会員数32社)
           全国測量業団体連合会に加盟
昭和53年 5月 第1回通常総会並びに公益法人設立祝賀会(郷土文化会館)
昭和57年 6月 徳島県建設産業団体連合会(設立総会)に加盟
昭和63年11月 県庁構内に経緯度標を設置し寄贈(設立10周年記念事業)
平成 1年 5月 第12回通常総会、設立10周年記念式典
平成 8年 8月 県土木部と災害時民間エキスパート制度に基づく活動協定締結
平成10年 3月 大鳴門橋記念館に、明石海峡大橋・大鳴門橋の縮小プレートを
           寄贈(設立20周年記念事業)
平成10年 5月 第21回通常総会、設立20周年記念式典
           県庁電光掲示板に「測量の日」の電光掲示(以降、現在継続中)
平成12年 2月 伊能ウォーク「徳島大会」
平成17年 4月 青年部会設立総会(建設センター)
平成17年 8月 測量の日記念事業として 「四国伊能大図展」(徳島そごう)開催
平成18年 8月 徳島県OURロードアドプト事業への参加
平成20年 5月 第31回通常総会、設立30周年記念式典
平成25年 4月 一般社団法人へ移行
平成30年 5月 設立40周年記念式典